休日のとり方



10月終わりのハローウィーンから始まって、11月の感謝祭、そしてクリスマス、ニューイヤーとビッグイベントが続いた後、一息つくように、1月、2月のビジネスは、たいていスローなペースになるのが1年の流れ。
だからこの時期に2週間くらいの休みをまとめて店ごと取るレストランも少なくない。
そんなある年の冬、例年より暇な日が多く、このままいけばどうなるのだろう、と私は不安な気持ちから様々なプランを練り、アイデアを出し、考えることに時間を費やしていた。

すると夫が嬉しそうに提案してきた。

「誰かの本には 風邪をひいたときには いかにも風邪をひいたような様子をしたらいけない、そういうときこそ焼き肉を食べに行け、って書いてあった。どうだろう、ためしに家族でスキー旅行なんかに行ってみたら。普通、こういうときって人は眉間にしわ寄せて無駄な時間を過ごすもので、家族旅行なんて思いつかないだろ?」

そりゃあ、思いつかないだろうね、きっと、と私。

彼はときどきこんなシリアスな場面で突拍子もないことを言い出す。

そしてあまりの非常識さに私が笑い出すものだから、調子にのった彼が一気に私をその気にさせる。笑わせてなんぼ、というのは本当なのだ。

さて、2泊3日の半信半疑で始まったスキー旅行、行ってしまえばこっちのもの、といわんばかりに子供たちと楽しんで戻って来た。店はわが道をただ淡々と進むように 日々、過ぎていた。こんなとき、私たちの愚かな思惑というものを考える。ものごとがすべてラッキーに進んだのは 果たして私たちがスキー旅行に行ったからなのか、それとも・・・!?
[PR]
by S_Nalco | 2010-08-13 09:28 | 休日
<< 目標への情熱 ゆっくり進む >>