はじめの半年 1

オープンした後の半年間を聞かれた時、私はたいてい「悪夢だった!」、と今だからこその笑顔で答える。それはまるで今となっては文字通り、夢の出来ごとのように感じられる。

商売を始めるのは簡単、でも商売を続けていくことが難しい。
商いは飽きずに続けていくこと、
本の中の言葉は、そのときも私を励ましてくれていた。

朝から夜までウエイトレスとして店を走りまわって、休日はブックキーピング、保険や税金、給料、やることが山のようにあった。

帰宅は夜中すぎ、朝は10時、夫はそれよりももっと早くに入り、いったいどうやって暮らしていたのだろう。

子供たちと過ごす日も、家で子供たちのために料理をする時間も殆どなかった。一度、家で雑炊を作った。久しぶりの私のそんな手料理とも言えない食事に、こどもたちが目をきらきらさせたことがある。一杯の雑炊でそんなにも喜ぶ子供を見て、その時自分がどういう状態にいるのかがわかった。

知人たちが店に食べに来てくれて、子供のことを聞かれると、オーダーを取りながら泣いていた。
あの時期を乗り越えられたのは ひとえに当時14歳だった長女のおかげだ。彼女が小さい弟や妹を面倒見てくれたおかげだった。

私たちより半年早く素敵なレストランをオープンしたご近所さんは、お互い子供の幼稚園が一緒だったことから仲良くなった。
けれど、私の幼稚園児は末っ子でも、彼女たちのは長女だった。末娘はまだたったの2歳。
はじめのころはおばあちゃんが遠方から助っ人に来られていたけれど、それから1年もたたないうちに、奥さんは子供二人を連れて実家に帰ってしまった。
離婚後、旦那さんが娘に会うためには、彼のレストランをたたむことが条件だった。
それくらい飲食の商売は家族に負担がかかる。
レストランを始めたカップルのうちの半数は離婚に至るという統計もあるよ、とは親切な知人の助言だった。

子供のことばかりでない、ストレスの大きな原因はすべてのお客様を満足させてあげられない、ということだった。
システムがしっかりしてないせいで、キッチンとダイニングのコミュニーケーションがうまくいかない、実際営業してみると設備的に効率的でない、ひとつひとつの遅延が大きな遅延を生んでいた。店は開店当日から満員だった。しかも、地元の新聞でも取り上げらたのも拍車をかけた。


その頃の私の日記には、「洗濯機に自分が入って、ぐるぐる回されている感じがする。」と書いている。
店を開けてから考える暇もなく、ただオートマチックに日々の仕事をやり続ける。ミスが多く、フードもおそい。 お客様全員の食事を一度に出せない。手際の悪さ。店が閉まったあとでミーティングをし、できるだけの改善を毎日やっていくが、追いつかない。それほど店は忙しく、改善されるべき問題が山積みだった。

要するに開店以前にしっかりしたシステムを作っておかなかったことの結果だった。シュミレーションがきちんとできていなかった。けれどたいてい能天気で、直観で動く私たちには こんな嵐の中を進むような成長の仕方が一番手っとり早かったのかもしれないとも今は思う。

リセットするしかない。

私たちはそう決断して、開店4週間でいったん店を休業した。
[PR]
by S_Nalco | 2010-09-21 18:24 | 成長
<< 本から教わったこと はじめの半年 2 >>