3年目 Ⅲ

プレゼンテーション

私たちは資料を用意して、プレゼンテーションの準備をした。
集まったのは20数名。司会はオープン当初から何かとお世話になっているジョン。
店を始める前に 初めて友人の紹介で彼に会ったとき、広島出身の、私たちの作るお店のビジョンに共感してくれて、それ以来ずっと応援してくれている。

さて“グレート・スピーカ”を名乗るジョンの司会で始まり、店の料理と地元のワインをふるまい、私たちの計画をスティーブが説明し始めた。

ビルのオーナー、会計士、弁護士も来てくれて、私たちが信頼に値すると言葉を添えてくれたのはとても有難かった。

地元でワイナリーを経営している夫婦は、以前二人でレストランを経営していた苦節の時代の頃のことを話してくれた。そして「このケースより、もっといい金利でお金を預かってくれる銀行もあるわよ」と言う人に、「金利とか、自分たちにどんな利益があるかではなくて、純粋にただこのお店を応援しましょうよ」と打ち合わせたわけでもないのに その場を盛り上げてくれた。

結果、1人と9組のカップルが声をあげてくれて、それぞれ50万円、合計500万円の頭金を用意することができた。
支払は当時の銀行ローンが終わる5年後から、と長いお付き合いをしてくれるつもりなのが嬉しい。
以来、毎年一度は彼らをパーティに招待して感謝の気持ちを伝えている。
しかも彼らは店の常連さんでもあるので毎年払う金利は店の食事券で、という人も半数はいて、限りない感謝は続く。
[PR]
by s_nalco | 2010-09-21 18:19 | 成長
<< 3年目 Ⅱ 3年目 Ⅳ  >>