3年目 Ⅰ

ビルの購入

レストランを始めて3年目に思いがけず、 その平屋建てのビルディングを購入する機会に恵まれた。

ことの始まりは、私たちが おスシのテイクアウト、日本の雑貨、お菓子などを扱うミニマートを レストランから一軒隔てた、同じビル内にオープンする計画を立てたこと。ちょうど当時入っていた雑貨屋が店をたたむというので、そのあとに入りたいと大家さんに伝えたことからだった。
d0167973_16501571.jpg


大家さんは光の全く射さなかった場所に 今は週末には予約がないと入れないくらいのお店に仕上げた夫にとても敬意を示してくれていた。そして彼は私たちにこう勧めてくれた。

「新しいお店もまた自分たちで改装しなければならないだろう、もうこれ以上お金を使うのはやめて、投資にしたほうがいいよ」

そう言って、レストランを含め、3軒の物件が入ったそのビルディングを 銀行を通さずに、 しかも良心的な金利で直接売ってくれることを申し出てくれたのだ。 
5年間(うち、2年は改装していた)月々の支払を遅れることなく、しかも開店してからは1週間は早めに払うように心がけていたのも功を成した。
大家さんが私たちを信頼してくれ、しかも私たちのビジネスを心から応援してくれる気持ちでいることがわかって、それだけでもありがたかった。

けれど大家さんの提示した500万円という頭金を私たちは払うことができなかった。少しは蓄えもあったけれど、従業員も増えていた当時、まとまったキャッシュはいつも用意しておきたい。

ビジネスには3つの坂があると本に書いてあった。
登り坂、下り坂、そして「まさか」。
そのまさかに備えて守るべきものを守れる体制にしておかなければならない。

でもこれほどいい話があるだろうか。
こののビルディングを購入することは私たちの遠い目標ではあったけれど、その機会がこんなに早く訪れるとは考えてもみなかった。このチャンスを逃してはならないと思った。

するとスティーブが興味深い情報を持ってきてくれた。
[PR]
by s_nalco | 2010-09-21 18:21 | 成長
<< 1年のあいだ 3年目 Ⅱ >>