お店のポリシー

ランチにテイクアウトオーダーをされたお客様からしばらくして電話がかかってきた。
「抹茶チーズケーキが入ってなかったわよ」

お客様は町で小児科医をやっていらっしゃる常連さん。抹茶チーズケーキはいつも必ずオーダーされる。

でも、おかしいなあ。

ウエイトレスがそれを箱に詰めていて、もう一人のウエイトレスもそれを見ている。そして、私もチーズケーキを確認して、他のオーダー、ぜんぶで3袋、一緒にお渡ししたはずなのに。

「わかりました、すぐに持っていきます。」

お客様がひとたびお店に入ってきたら、彼らを幸せにして差し上げるのが私たちの仕事。

こういうポリシーが店にあるおかげで、こんなケースがあっても、躊躇せずに誰でもすぐにこう応対できる。

お客様が間違っていようと、いまいと、それを詮索するのは私たちの仕事ではない。
店のポリシーに従えば、足らなかったと言われるものを届けるまでのこと。
いたってシンプル。

店で働く人、誰でもがこのポリシーのもと行動すればいい。

この7年間、ずっとこれできている。

誰の言葉だったかな?

喜べば、
喜びが、
喜び連れて、
喜びいさんでやって来る。

そんな場所には、ただすっきりとした「笑顔」だけ、
あると思う。

お客様にも、私たちにも。







 
[PR]
by S_Nalco | 2010-09-30 13:32 | ホスピタリティ
<< 公共料金 1 9月28日 >>