モーツアルトとお店の関係

お店のスタッフが、自分が年会員になっている、シンフォニーのチケットが2枚あるからと招待してくれて、今日は彼の奥さんと私たちで、車で1時間の会場まで聞きに行った。

クラッシックを聞くようになったのは、実はお店を始めてからだった。

「日本音楽熟成協会」が推進している、モーツアルトの音楽を聞かせることで、食品の熟成や、職場環境の改善に繋げる取り組みを、開店して1年後くらいだったかに、知った。

もう亡くなられたけれど、右脳の研究で有名な七田真さんが顧問をしていらして、ご著書の「波動経営力」に、私はとても興味を持っていた。だから高周波音を多く含むモーツアルトがクラッシックの中でも特に右脳を刺激する、という説は私たちには受け入れやすいものだった。

日本音楽熟成協会では、一日中モーツアルトを流すことを進めていたので、しばらくは試してみたけれど、お客様商売、少し無理があるようだった。それで夜間、店を閉めている間、店内波動お掃除と称して、一晩中モーツアルトを流している。

以来、かれこれ6年は経っただろうか。因果関係を知るすべはないけれど、うちの店はスタッフ同士も仲がよく、来て下さるお客様もとてもいい。たいていの人が店に来て言われるのは店の雰囲気がいい、いいエネルギーで満ちている、と。

さて、私自身、店でモーツアルトに触れるようになってから、気がつくと、好んで家でもクラッシックを聞くようになっていた。

 子供たちの小学校が音楽に力を入れていたのも関係した。
子供たちは たて笛を習った後、3年生はバイオリン、4年生からは自分の好きな楽器を選択して学校のバンドメンバーの一員になる。それがきっかけで、地元のシンフォニーに子供を連れて聞きに行くようになったのだ。

 ここ一年以上、行く機会はなかったけれど、今日、行ってみて改めて、クラッシックには浄化の作用があるとしみじみ思った。
私がこんなに心身ともに健康で毎日過ごせるのも、ひょっとしたら夜間モーツアルトのおかげもあるのかもしれない。
[PR]
by S_Nalco | 2010-10-11 16:58 |
<< はじめの一歩を踏み出そう お好み焼きの日 >>