テイクアウト店のオープン 3

2007年2月、テイクアウト店をオープンした日は雨だった。

何人かの、お花を持って来てくれた、レストランの常連のお客様の顔を今でもよく覚えている。

派手にグランドオープニングを宣伝すると、忙しくなって大変なことになるのはレストランのときに十分経験したので、それだけは避けたかった。
その思いが強すぎたのか、雨が降って、人通りもいつもより少ない寒い2月のおわりだった。

それが一週間も過ぎると、人が集まるようになり、予想以上の売り上げを出せるようになった。
やることの多いレストランに比べて、こちらはレストランで作ったものを置いて売るだけ、というシンプルさ。人が一人いれば事足りる。
早くて、安くて、それに健康的なごはん。
お昼休みがたっぷり取れないお客さまにとっても、あらかじめ作ってあるおスシや丼ものをすぐに買って帰ることのできるシステムはとても喜ばれた。
また、仕事で忙しくて、今日の晩御飯はこれね、と言って買って帰られる主婦もいる。

来て下さるお客様はどんどん増えて、一日のディナーと同じだけの売上を、
やはり一日で出せるようになった。

テイクアウト店をオープンしたことで私たちが受けたプロフィットはまだあった。

テイクアウト店に置くためのフードを作り続けることで、レストランが暇なときにでも、スタッフが常に動いているということ。

レストランでオーダーミスが出ても、すぐにパックに詰めて、テイクアウト店で出すことが出来る。

レストラン、テイクアウト店の両方でおスシの売上を上げることで、よりフレッシュな食材をまわすことができる。

ランチタイムにレストランが一杯で席の空きがないとき、良かったらテイクアウト店へどうぞ、と声をかけることができる。(これは「席が空いてません」の一言よりもずっといい感じで受け取られる)

さまざまなことにおいて、効率化、無駄の排除、というものが成された。
テイクアウト店の存在が、レストランの裏側をも強くし、経済的にも、助けることになった。

レストランは、お客様にゆっくりとくつろぎ、食事を楽しんでもらう、空間。
テイクアウト店は、スピーディ、便利さ、というお客様の時間の節約に一役かっている。

ところでこの二つの場所は一軒の洋服屋を挟んでいるだけなのだが、
お客様の中には
「繁盛してるスシレストランの横に、こんなテイクアウトの店を作るなんて、勇気あるね」
「ライバルのすぐそばに店出して、すごいね」
なんて言う人がけっこういた。
二つの店名は似通っているし、看板も一目で姉妹店と分かるほどなのに、
この町の人は根っからの天然なのだろうか?
[PR]
by S_nalco | 2010-11-10 16:20 | テイクアウト店
<< サービス精神 またどこかで。 >>