BOYB

d0167973_1832442.jpg
地元の高校の、“地球環境クラブ”が主催した商店街を巻き込んだ、“BOYB”イベントが来週から始まることになった。
BOYB はBRING OWN YOUR BAGの省略で、マイ・バッグで買い物をしましょう、という意味。

期間中、マイバッグを持って買い物に来た人には番号の付いたチケットの半券を渡し、1カ月後には加盟店の商品券が抽選で当たるというもの。

すでに町の多くの人には、マイバッグへの高い意識があると私は感じているし、うちのテイクアウトの店でも、「バッグ、要りません」と言う人が多い。
沢山の買い物をしても、「要りません」というので、こっちのほうが「落としそうだから、バッグを使って!」と言いたくなるくらい。

それでも、高校生がプランを練り、チラシを作って店を回り、加盟店を探し、ポスターを貼り、チケットを用意し、ひとつのイベントを自分たちの明確なミッションのもとやり遂げることに、商店街の人たちも関心をもって見守っている。

フェイス・ブックにも、ページを作り、どんどん町の人に呼び掛けている。実は私もそれでで呼び止められた。期間中には店頭で、お客さんのインタビューをしたい、1ヶ月後の抽選会はパーティも兼ねて、と意欲的なのが伺える。

うちはテイクアウトのほうでマイ・バッグキャンペーンをやり、レストランの食事券を、当たりくじのためにドネーションすることにしている。

私が初めてマイ・バッグを持ったのは、20年前。
サンフランシスコに近い町に住んでいたのだけれど、すでに町自体がエコな雰囲気だった。
お客はマイ・バッグの中に直接、商品を入れて、レジに行ってお金を払っていて、それで平気だった。

なのに、近所のチャイナ・タウンに行って、同じことをしたら、疑惑をかけられてとてもくやしい思いをしたことがある。
当時はチャイナ・タウンの人はなんて遅れた人たちなんだろう、と思ったけど、今、考えてみれば、疑われても仕方ない。

私たちが今、店で使っているのはトウモロコシを原料にした、見た目プラスチックバッグのようでも、プラスチックでないバッグ。サトウキビで作られたお皿もあって、考えて作られた製品が、店でもコスト的に使えるくらいになっているのが嬉しい。

高校生が始めたマイ・バッグ・キャンペーン。
そこからどんな流れが町に生まれるてくるのか、
一部始終を見ていたい。
[PR]
by S_Nalco | 2010-11-12 18:59 | コミュニティ
<< サインから読み取れるもの 1 サービス精神 >>