フリードリンクを出すお店

「土曜日の夜はとても忙しくて、予約で一杯だったんだけどね」

その日はフロントを担当していたリナが報告してくれる。
「7時半に予約のお客様が、7時10分に来られたの。席はまだ空いてなかったからもちろん待ってもらったんだけど、帰られた後で、コメントカードに 
“20分も席が空くのを待ったのに、ドリンクも無料にしてくれなかった”って書いてあったのよ、どう思う?」

私は思わず大笑いした。そういうことってたまにある。
うちの店は小さくて、そんなに融通がきかないのに、4人の予約に8人くらい連れて来られたり、8時の予約なのに、
「早く来すぎたんだけど」と6時くらいに現れたり。

でも、私だって、と思い出す。
レストランを自分で始めるまでは、お客として細かいことには無頓着だったんじゃないかと。

自分がその立場になって初めてわかることがある。
けれど、その立場にならずとも、察することのできる人が多いのも事実で、
自分もそんな大人でいたいものだと省みる。

「ドリンク、タダにしてあげなかったの?」
私が笑いをこらえながら尋ねると、リナが憤慨したように答える。
「だって、私たちはxxxxじゃないのよ、何もお客様に失礼なことをしてるわけでもないし」、
と少々鼻息が荒い。

xxxxというのは 最近オープンしたばかりの町の大きなレストラン。
開店したばかりだから、サービスに不備、間違いが多くて、結果無料のドリンク、無料の食事を出すはめになっているらしい。

私の娘の友人がそこで働いているので、先週娘に誘われたけど私も夫も、
開店間もないレストランにはどうしても行く気にならない。

自分たちが開店したばかりの頃の不慣れな大変さ、てんわやんわを思い出して、
いたたまれなくなるから。
同業者として、祈るような気持ちで遠くから見ている。
3か月くらい経って落ちついて、いい噂が聞こえてき始めたときに、行ってみるつもりでいる。
[PR]
by S_Nalco | 2010-11-17 18:32 | コミュニティ
<< 信頼 サインから読み取れるもの 3 >>