自分を味方につける

レストランを開いて1年後に私は初めての新車を購入した。

夫が車に詳しいのが幸いして、それまでの私たちは安い車を購入したり、友人から必要のなくなった車を貰ったりして、直しながら乗っていた。
いつ止まるか知れない、毎日がある意味冒険だった。
出かける前にはボンネットを開けて、水とオイルをいつも確認して出かけていたから、
車とはすぐに仲良くなった。
70年代、80年代の古い車でも、不思議といっこうに気にならず、車にはいつもニックネームをつけて呼び、「走ってくれる」だけで感謝した。

 店を開いてからも、それまで数年乗っていた、80年代の白いワゴン車を続けて乗っていた。
雨が降ると、車内の床が濡れて、何もおけなかったけれど、子供達はこの車を「白クマ母さん」と呼んでなついていた。
友人達は「レストランのオーナーが何でいつまでも、こんな車に乗っているの?」と会うたびに笑った。

 ついに「白クマ母さん」が動かなくなってしまった日が来て、次の車を買うことにした。
夫はレストランの仕事が忙しくて、もう車を直す暇はないので、私に新車を買うように勧めた。

でもそれからが時間がかかった。

 なぜならば、アメリカに住みついて長いこと、クレジットカードを持つことさえもなく、のんきに暮らしていたので、自分のために大きな買い物をしたことがなかった。
もちろん車なので、自分のためだけでなく家族のためでもあるけれど、何故かなかなか踏み出せない。

誰に対してでもないのに、そんな大きな買い物をするのが後ろめたい気がしていた。
そして、自分にはその大きな買い物がそぐわないような気もした。

私は実際、自分が本当に欲しかった車を諦めて、2番目に気に入った車を買おうとした。
その理由はただ、2番目のほうが安いから、という理由で。

今、振り返ってみても、それは根本的には金額的な問題ではなく、完全に自分自身への自尊心、自我に関することだったと理解できる。

私たちが昔、質素で楽しいヒッピー生活を送っていたときに、ある人が言ったことがある。
「あなた達は,他の誰もがそうであるように、そうしようと思えば、物質的に自分が望むだけの豊かさをもたらすことができるのに、ただそれを潜在意識の中で、望んではいないのよね」

自分に、本当の意味で許可を与えられるのは自分しかいない。
それは金額の大きさに関わらず、これまでの自分が「このくらい」と自分に許していた居心地の良かった範囲を広げ、自分の可能性を広げるのを許すこと。

成功法則の本には、「まず自分自身と和解しなさい、そして自分自身を味方につけなさい」と書いてある。

願望、将来の夢、延ばし延ばしになっている旅行、それは案外、自分がそれを自分に許可してあげれば、その一歩が今すぐにでも踏み出せるものかもしれないと、私は考えを広げた

その後私たちは、店のビル、自宅、と大きな買い物をしていく機会に恵まれたけれど、この時に車を買ったときほど、自分の中で葛藤したことはない。

d0167973_18471224.jpg

これはお店で使っている電気自動車。ふだんは屋根にソーラーパネルを付けて、走っています。
[PR]
by S_Nalco | 2010-11-22 19:03 | 気づき
<< 計画の変更 Walking Angel >>