5つのお金の使い方

お金で幸せは買えない、と言うけれど、
「あなたを幸せにする5つのお金の使い方。」
そんな見出しの記事を Yahoo USAで見つけた。

1)体験にお金を払う。

野球やフットボールなどのゲームを見に行く、
家族でピクニックに出かける、
パリへ旅行へ行ってみる、(なぜパリ、なのだろう?)
など。

統計によると66パーセントの人は、
買い物をした後に後悔するらしい。
モノは有限でも、体験した思い出は失われません。

2)誰か他の人のためにお金を使う。

コーヒーや、アイスクリームなど、
小さなものでいい、誰かにご馳走してあげる。
どこかに寄付をする。

毎日5ドル、誰かのために使うことは、あなたを幸せにします。

3)給料から自動引き落としで貯金をする。

自動引き落とし、がポイント。
経済的安心は心の平安を呼びます。

4)自分に投資する。

習い事、
自分のビジネスを始めたり、
学校に戻ったりする。
自分への投資は、
あなたのライフを向上させます。

5)小さな贅沢

ヨガなどのエクササイズは身体の健康を保ち、
美容にもよく、
気分もすっきりします。




この5つのお金の使い方は、
確かに人に充足感をもたらすはず。

ただ、5番目のヨガが
「贅沢、もしくは道楽」という、
カテゴリーに入っていたのが以外だった。

こちらでは、週に何日か、ヨガや水泳、ジムなどに通う人は多い。
それは「贅沢」ではなく、
健康のために「するべきこと」と
とらえられていると 私は感じていたから。

店の常連さんで何年か前に、市議になった人がいた。

彼女におめでとう、と言うと、

「どんなに忙しくなっても、
毎日のエクササイズ(水泳)と
家族で過ごす時間だけは確保しようって、自分に誓ったのよ。」
と 話してくれた。



息子が小学生だったころ、
学校主催のお祭りで
息子が友達にお菓子を買ってもらって帰ってきた。

その友達のお母さんに、お礼を言うと、

「うちの息子も、誰かにご馳走してあげる、
っていう楽しみを味わうことが大切だから」

という風に言っていて、いいな、と思った。

私自身の優先順位としては、家族と旅行に行ったり、
一緒に楽しいことをして過ごすこと。


また、お金を貯めることに関しては、
漠然と預金するよりも「明確な目標」があったほうが、
貯まりやすいとは専門家のアドバイス。

何のために必要なのか、
いつ必要なのか、
いくら必要なのか、

そうすることで、人生設計もうまくいく、と。

誰にとっても、大切なお金。
いつもいい気分で使えるようでいたい。
[PR]
by S_Nalco | 2010-12-06 19:08 |
<< 柔軟に対応する あなたが大切 >>