幸せの運気

スタッフが夏休みを取っているので、最近ずっと忙しくてなかなか更新ができませんでした。

そんな中でも、ぽかっと突然空いた時間に、
夫が珍しくランチのデートに誘ってくれた。
お気に入りの近所のレストランで
もてなす側から、
もてなしてもらう側になって、
ほっと一息。
d0167973_1682895.jpg

夫の頼んだミニステーキのサンドイッチ。

d0167973_16154163.jpg

私のはサーモンのプレート。

地元で作った白ワインを頂きながら、
ここでも話題はやっぱり仕事のこと。
子供の話題が出ないのは、
平和な証拠?



ところで今日は嬉しいお客様があった。

5年前に、
現在私たちのレストランの入っている建物を売ってくれた
もと大家さんが顔を見せてくれた。

ここを私たちに売って、
彼は違う町に引っ越し、
あれから会っていなかったので今回の再会はまさしく5年ぶり。

不動産屋も、銀行も通さずに 
安い金利で信用貸しのローンを個人で組んでくれた彼とは、
5年後にもう一度会って、
お互いの状況を確かめ合おうという約束だった。

そしてそれが今日。

70に近い年齢(それ以上?)だと思うけれど、
月日を感じさせない彼の姿に私はすっかり嬉しくなった。

「すごく調子よさそうだね!?」

と尋ねると、

次々と彼からいいニュースを聞かせてもらった。

健康で、
娘や孫の近くに住み、
パートナーともうまくいき、
趣味のテニスを続け、
年に数回は旅に出かける。

普段は 自然を歩き、
子供達に自然の中を案内するボランティアをかって出ている。

とりたてて特別なことではないけれど、
それらのことが
どんなに得難いことかも
想像できる。

店で彼に お弁当のランチを食べてもらったあとで、
5年前とは随分変わった建物の中を
夫と一緒に案内してから、彼は帰って行った。

彼が去ったあとも、
何かしら私自身楽しい気分が続いて、
その余韻が何なのかと思った。

人生も後半に差しかかった彼の 
幸せの運気がもたらしてくれたもののような気がした。

幸せって、
ほんとうに伝染する。
[PR]
by S_Nalco | 2011-06-17 16:31 | コミュニティ
<< お勘定の払い方 Small Town >>