お勘定の払い方

お店でレジを打っていると、
来店されたばかりのお客様のひとりが席を立って、
私のところへやって来た。

手にはクレジット・カードを持って、

「これで全部の食事代を払いたいからよろしくね」。

見ると彼女のテーブルは
二家族のお食事会らしく、
大人子供あわせて8人。

その代金をそのうちの一家族が
先手を打ってこっそり払ってしまおうという計画。

こういうスマートな方法はこちらにとっても嬉しい。

食事の後でお勘定がまわってきて、
「私が払うわよ!」
とレシートの取り合いになるお客様も少なくないから。

ときにはそれが白熱してしまい、
ウエイトレスのほうが、
クレジット・カードを差し出すいくつかのうちの、
どの手から受け取ればいいか困り果てている。

「ああいう時ってどうすればいいの?」

ウエイトレスのお悩みベスト3にも入っている。(たぶん。)

私はそういったお客様同士のかけあいも余興のうち、
と傍で見るのも楽しめるけれど、
若いウエイトレスにとってはストレスになるらしい。

それよりも、大人数で来店されて、
各自が別々に支払たいと、
最後になって言われる場合、
忙しいときにはレジで流れが滞ってしまう。

「それで、皆んなで一緒に注文されたデザートはどうされますか?」
とか、聞かなければならないときには、
何故か私のほうが気まり悪くなる(笑)。

いずれにしても、初めから終わりまで、
楽しい食事時間の一コマの連続であって欲しい。

d0167973_8413968.jpg

このプレートは オーダーした本人でさえ、
「これ何ですか?」
と思わず聞いてしまう、
「チュパカブラ」。
ハローウィーンのときのスペシャルからのアンコール。
[PR]
by S_Nalco | 2011-06-20 08:48 | 気づき
<< 夏の思い出 幸せの運気 >>