おせっかいな客

土曜日の朝に、
夫とふたりで朝ごはんを食べに、近所のレストランに出かけた。

そこへ前に行ったのは、たしか半年以上も前、
朝ごはんにはロールパンやらデニッシュやら、
いろいろなパンが出てきてそれを楽しんだ覚えがあった。

けれど店のドアを開くと、なにか様子が違う。
メニューをもらってびっくり。
違う店になってる。
しかもメキシカン。
外の看板はまだ前の店の名前になっていたので
気づかなかった。

「先週からうちの店になったんです。」
黒いエプロンはあちこちが白く汚れていたけど、
一生懸命な笑顔が感じよかった。
「開店、おめでとう」
夫がそう声をかけるとウエイトレスはとても嬉しそうだった。

朝からメキシカンは食べたくないな、
と思っていたら、ちゃんとアメリカンな朝食メニューがあったので、
それを頼んだ。

客は私たちの後に来たカップルが他に一組だけだったけれど、
40分たっても食事はこなかった。
でもそこは私たちも心得ている。
開店したての店というのは
何かと込み入っているものだから。

けれど、やっと食事が運ばれて来た時には、
唖然とした。
うちの子供たちだって、
もっと美味しそうに、作るぞと思った。

食べてみて、またびっくり。
ハッシュブラウンのポテトは半分しか焼けてなく、
付け合せのビーンは冷たい。
2枚重ねのホットケーキには、
ほんのちょっとのバターがぐにゃりと
嫌そうにかかっているだけだった。

おまけにコーヒーは「これぞアメリカン!」
と唸らせるくらいに薄い。

しかも、食事と一緒に持ってきたフォークやナイフが汚れていた。

食べ歩き、グルメ、食の多様化が進んで、
人々の口はずいぶんに肥えてきた昨今、
こんな食事をレストランで出されるとは驚きだった。

「これは世にも稀な、体験だよ」
ベジタブル・スクランブル・エッグとは名ばかりの
卵料理をフォークでつつきながら
私は夫と笑い出していた。

テーブルの近くに来たウエイトレスに私は声をかけた。
「あなたがここのオーナー?」
「私のお父さんです」
「あなたは笑顔もとても素敵だし、丁寧だけど、
料理はさんざんだわ。
料理のわりには、値段も高いしね。
この町にはメキシカンレストランがたくさんあるから、
もっと頑張らないとね」

私たちは、重くならないように笑顔を交えてそう伝えた。

彼女は、
「朝食じゃなくってランチやディナーを食べてもらえればよかったんですが」
と言いながらも、
お勘定はずい分ディスカウントされていた。


殆ど食事に手をつけずに私が帰ろうとしたとき、

「食べ物に罪はないよ、
お持ち帰りして、家で料理しなおせばいい」
と夫が言う。
そうしたいのは山々だけど、
それでは相手が混乱してしまう。

「何がいけなかったのか」
お店の人が考えるいいチャンスだから、
このままにしていきましょうと、
店を出た。

頑張ってね、
という気持ちで多すぎるくらいのチップを置いて。

何も言わずに帰ることも出来た。
もう2度と来ることもないかもしれない。

でも、私だったら?

何がいけなかったかを伝えてくれる
お客様にはいつも感謝している。
私たちの店も、
お客様に教えられ、鍛えられて今がある。

だからあえて伝えた。

でもひょっとしたら、
私たちのひとりよがりになっているかもしれない。

おせっかいな客だと思われているかもしれない。

あとは相手の受け取る力しだいだから。
d0167973_13451465.jpg

その後行った、パン屋のやっているカフェでは、
美味しい朝ごはんを堪能した。
「世にも稀な体験」をして来たばかりだったせいか、
ウエイトレスがお皿を運んできたとき、
料理がお皿ごと、
にっこり私に笑いかけてきたと思った。

うちでも一皿一皿、こんなふうに笑っている料理を
いつも、
間違いなく、届けられるようでありたい。
[PR]
by S_Nalco | 2011-10-31 14:00 | コミュニティ
<< 重ね煮 チップというもの。 >>