「ほっ」と。キャンペーン

スピリチュアル&マテリアル

先日、友人に会ったとき、彼女が言った。

「私ね、今朝、アカシック・レコードを読む人に
 私のことを調べてもらったのよ」
(アカシックレコード=人智学の創始者、ルドルフ・シュタイナーが提唱した宇宙の彼方に存在する全宇宙の過去から未来までのすべてのことが書かれた記録のこと)。

「ずっと自分の仕事について疑問を持っていたの、
本当にこれが自分の仕事なのかどうか、わからなくて」。
そのことは知っていた。
職場が遠方なことや、
彼女自身、他に興味あることがあって、
けれどそれが「仕事」、
すなわちお金を得ることに繋がっていないことを聞いていたから。

彼女は声を出すことのできない子供のセラピーを
今の仕事としている。
私は彼女のような柔らかな雰囲気を持った人が、 
その子が声を出すことが出来るように
子供と向き合っているのをイメージするたび、
心が和む。

「あなたを必要としている人がいるじゃない、
 誰もが出来る仕事じゃないよ」
一日が終わって、
疲れた顔をしている彼女を
そう励ましたこともあった。

アカシックレコードによると、
「やっぱり今の仕事が私の役目みたいね」。
爽やかに言う彼女は
「もっと自分の生活にドラマチックなことを期待していたのかしらね、
世界中の聖地を旅してまわるとか!?」
と笑う。

私から見たら、ひとりの子供の声が出る過程は
よほどドラマチックだ。

私も以前は縁があれば
リーディング(前世を読むこと)など
してもらったこともあったけれど、
自分の必要とする情報や答えは 
意識さえしていれば 
瞑想中や日々の生活、出会いの中でもたらされると、
それで十分だと、ある日思った。

しかもアカシックレコードでも、リーディングでも、
人の口から言われた疑問の残る言葉を 
頑固な私はなかなか納得しない(笑)。

私には瞑想を教えてもらった先生がいて、
その人はもうとっくに亡くなっているのだけど、
ある日一緒に瞑想した友達が、

「あなたの先生がこんなこと言ってるわよ、楽しい先生ねえ」
と笑いをこらえながら私に伝えてくる。

「何でそんなことわかるのよ」
と言うと、
「何でそんなこともわからないのよ?」
と返された。

彼女のなかではそれが普通みたいだった。

この小さな町には色んな人がいる。
日々、スピリチュアリティを感じる心のゆとり、
ちょっとした田舎暮らし、
そういったものを求めて、
都会から引っ越して来るには丁度いい町のようだ。

私は 宇宙の情報、直感、
目に見えない世界に対して、いつも心はオープンにしている。

そのほうが楽しい。

大切なのは、宇宙からもらった情報や 直感を
自分の良心の声を聞きながら、
現実の行動に移すこと。
その移し変えがまだまだ未熟なものだから、
世界はこうなんだと思う。
d0167973_693282.jpg

[PR]
by S_Nalco | 2011-11-27 06:20 | スピリチュアル&マテリアル
<< 2012年へ TATTOOの理由 >>