今年のクリスマス

クリスマス・イブの友人のホームパーティ。
他の皆んなが帰ったあとで、
彼らに話があった私たちは、
この友人夫婦と少しばかり個人的なことを
ソファでくつろぎながら会話していた。

ふとしたことから、友人が言った。
「今年は自分にとっては大変な年だったよ。
3月に母が亡くなったからね。今でも、まだだめだ。」

60を過ぎた、私よりずっと年上のこの男性の、
心からの告白に私はとても心を動かされた。

今年、93歳で突然亡くなった彼の 本当に美しかったお母さん。

私はふと思いついたことを口にした。

「生まれてはじめての、
お母さんのいないクリスマスなんだね」

すると彼の奥さんが私に静かにこう言う。

「そのことに気づいてあげてくれて、ありがとう」。

アメリカのクリスマスは、
日本のお正月や、お盆のように、
家族が集まってお祝いするのがならわし。
彼も毎年彼の家族、
兄弟とその家族、
そしてお母さんと一緒にクリスマスを祝っていた。

こぼれてくる涙を拭いながらでも、私にはこの瞬間が輝いてみえた。
いくつになっても愛情を表現することの出来る文化、
そしてそれを抱擁することの出来る文化、
それが素晴らしいと思う。


あることがきっかけで、今年のクリスマスは、
楽しく、わくわくした気持ちよりも、
もっと、痛いような寒さの中で感じる、
しんとした、内なる強さについて考えていた。

23日にクリスマスのプレゼントの交換をしましょうと、
ランチの約束をしていた女友達が、
毎年この日の午前中は、
30年前に亡くなった母の墓参りをするのだと聞いたとき、
14歳だった彼女の、
母を亡くしたばかりの、クリスマスの日の朝を思った。
彼女には、悲しさよりも、
決意のほうがその日、先にあったかもしれない。

そんなような、
しんとした強さについて。



アメリカは日本よりも盛大にクリスマスをお祝いする。
私はクリスチャンではないけれど、
それでも
この日への神聖な思いは年々、深くなっていく。
もしも、クリスマスを、
楽しく祝うことができない状況にあっても、
静かにその日に向き合うことができれば、と
そんなことを思う。

そうすれば、きっと何かが得られるような気がする。

ひとりひとりの心に、
クリスマスの灯火が灯り、
これからの一年を温めてくれますように。
d0167973_1823686.jpg

[PR]
by S_Nalco | 2011-12-28 18:32 | 気づき
<< 明けましておめでとうございます。 エコとコミュニティ >>