信頼

娘を中学校へ送って行った帰り、
ストップ・サインで
スクールバスが曲がってくるところに出くわした。

ハンドルを切りにくそうだったので、
私はぎりぎりまで路肩に寄った。

運転手が私に向かって、にっこり笑う。

なんと白髪の痩せた婦人。
この辺りでは スクール・バスの運転手は殆どが女性でも、
たいていは男にも負けないような大柄な人が多い。

黄色いスクールバスと、黄色いジャケットを着た、
女性運転手を見るたびに思い出すのは、

10年前に私たち家族が意図的に3週間だけ、
ホームレスをしていた時のこと。

夏休みまでの3週間、
小学校4年生だった長女を学校に行かせるために
町外れの山のふもとのキャンプ場で暮らしていた。

事情を話すと学校側は、

「生徒のいるところなら、どこでも行くわよ!」

と毎朝キャンプ場まで娘のためにスクールバスを寄こし、
帰りも連れて帰って来てくれた。

毎朝7時、まだ霧のかかるもやの中を
娘をキャンプ場の入り口まで送って行った。
スクールバスの運転手は
ダイアナ、という名前の豪快な女性だった。

あの3週間は、私のこれまでの人生の中でも
特別なシーンとして残っている。

テントを張った、ままごとのような生活。
大きなバケツにお湯をはって、
3歳と、5歳の末娘と長男のお風呂にした。
週末にはオフ・ロード・バイクを楽しむ人たちで
一杯になるキャンプ場も、平日は静かで、
子供達の大きな庭だった。

私達の持ち物はとても少なくて、
借金はゼロでも、
お金のもちあわせもちょっとだった。

それでも、
その身軽さが
私の精神も、身体もとても軽くしてくれて、
そんな状況の中にでも
家族5人が笑って暮らせる、
人生のフレキシビリティを味わっていた。

どんな状態になっても、
何とかなる。

選択技も与えられないままに、
私のほうが人生に歩み寄るしかない状況もあれば、
人生のほうが、私に歩み寄ってくれる時もある。

そんな人生への信頼感を豊かに育んでいた時期が
あの頃だったと。
d0167973_1431044.jpg

[PR]
by S_Nalco | 2012-01-28 14:33 | スピリチュアル&マテリアル
<< 夢を叶える 観察日記 >>