集い。

店の建物を購入するときに、お世話になった
“Goen”グループの人たちを招いて、
恒例である年に一度のパーティを1月終わりに催した。

店を開いてまだ3年目だった私たちに
心よく建物の頭金を融資してくれた10組の人たち。

旅行や仕事などで都合がつかない人も何組かいたけれど、
今年で6回目になるこのパーティを無事終えるとほっとする。

毎年、パーティには色々に趣向を凝らすけれど
今年はシーズンでもあるから、
皆んなでカニを食べることにした。

「テーブルに新聞紙を敷いてカニをならべて、
みんなでひたすら食べるんだよ、楽しいよ。」

そう提案した人がいた。
でも、そんなパーティ、したことがない。
そもそもそんな簡単なパーティでいいの?

ディップするソースは日本ではお馴染みの、
ポン酢、
カニ味噌のソース、
アメリカンスタイルでは
レモンとホースラディッシュ(西洋わさび)、
レモン&タラゴンの4種類。

今回は友達の
カリフォルニア料理を専門にするシェフが差し入れしてくれた
前菜、
ラズベリー・ドレッシングで仕上げた
ほうれん草とアーモンド、ゴート・チーズのサラダ、
カニのスープ、

それからカニをメインにしたおスシ。

それらを平らげた後でいよいよカニがテーブルに並ぶ。

これが本当に楽しかった。

その日の朝に採ってきたばかりのカニを皆んなで手を使って
食べる、
食べる、
食べる。
d0167973_3362028.jpg

カニにまつわる思い出なんかを話しながら、

なんとなく日本で皆んなで鍋をつつきあうような、
気楽さとか、
連帯感。

一月にはカニとワインのコラボ・メニューがあちこちであるけれど、
たいてい合わせてあるのは
Sparkling Wine
Sauvignon Blanc
Pinot Gris

うちでは カニにはPinot Gris が一番人気。
d0167973_3395514.jpg

            (Pinot Gris)

さんざんにカニを味わい尽くしたあとは、
新しくメニューに入る予定の、
3種類のタルトをお試しサイズにスライスしたデザートと、
お土産に貰った地元のポートワインで〆。
d0167973_3385923.jpg

(さすがに新聞紙ではなく、使い捨てのテーブルクロス。遠慮なく食べ散らかせます)。

ところでこのGeoenグループが発足してから間もなく、
一組のカップルがリタイアして、オレゴン州へ引っ越していた。
だからこれまでのパーティには来れなくて、
毎回手紙だけのやり取り。

彼らは以前、夫婦でレストランをやっていたので10組の中でも
率先して、私たちを「応援しましょう!」と言ってくれたカップル。

先週の土曜日、何年かぶりに店を訪ねて来てくれた。

普段は娘夫婦の近くに住み、孫の成長を見守り、
年に一度、数ヶ月、
今度は南カリフォルニアの、
末娘の家の近くにある
自分たちのアパートメントでそちらの孫と過ごすのだそう。

70歳のお祝いに、
この5月にはふたりでイギリスに行くのだと言う。

温かな笑顔はそのままでも、
ますますおおらかなふたりのオーラに

私の心はすっかりゆるんでしまった。

色んなことを話した。

彼らの孫のこと、
お互いの子供達のこと、
家族について、
仕事について、
夫婦について・・・。

今年のGoen Partyは、
彼らとの再会というおまけがあって、
嬉しかった。

家族と過ごせることの幸運、
普段は気づかない、
身近にある幸せの奇跡。

愛する人、
大好きな人たちと
囲むテーブル、
集い。

そんな機会の
ひとつひとつを
これからも大切にしていこうと思う、
温かな余韻が
いつまでも心に残る再会だった。
[PR]
by S_Nalco | 2012-03-13 04:04 | 集い
<< 色々な色 質問のマジック >>