3つめの答え

レストランも10年近くやっていると、
その時その時の決断がずい分やりやすくなった。

これまでの経験値があるので、
どうすればいいのか頭の引き出しからいろんなものが出てきて、
掛け合わせて答えが出てくる。
ちょうど、冷蔵庫の中を見て、
そこにあるものでちょっと洒落たディナーが出来上がるような・・・。

何でも長く続けるというのはこういうことなのかと思う。

けれど、同時に
いつも新しい可能性にも心をオープンにしておくのはとても大事なこと。
それなしには面白さも発展もなくなってしまう。

これまでの経験では「1」と応えていたものを 
あえて「2」にしてみて、
新しい「3」という解答を自分の引き出しに入れてみる。
「人」相手の商売では、
沢山の引き出しと柔軟性で対処した、
小さな結果の積み重ねが
長い目でみたときに成果を生んでくれる。



ところで先日、若い男性が履歴書を持って現れた。


皿洗いで構わないから雇ってほしい。


痩せた、優しそうなまだ20代前半か、10代後半にも見える。
(こちらの履歴書には、写真の添付も生年月日、年齢も必要ない)。

告知もしていないのに、
一ヶ月のうちに履歴書を持った人が何人も現れるけれど、
私や夫がいつも店にいるわけではないので、
とりあえずスタッフがそれをファイルにしまっておく。

私と夫が後で一応目を通すけれど、
たいてい私たちが人を雇うのは、誰かの紹介、というケースが多い。

それかたまたま、
私が店にいたときに履歴書を持って訪れる人。

実際に会って話すと、うちに来る人、というのはピンとくる。
それに「たまたま」店に来たときに私がいたという事実も、
ここに縁がある、と言う風に私は解釈している。

それがこの若い男性のときには、
私と夫、二人がちょうどテイクアウトの店内で話しをしていた時だった。

二人で履歴書を見ながら言った。

「あなた、あそこのレストラン(近所にある)、つい最近辞めてるね」

彼はとても恥ずかしそうに言った。

「何回か遅刻したんです。
それでクビになりました。
でもそれ以外はちゃんと働いていたので、
もし必要だったらそのレストランのオーナーに電話してもらっても構いません」

夫は面白そうに彼を眺めて言う。

「遅刻はメジャ-な問題だね、
でも、そういう経験をした後の君は、もう新しい君なんだろう?
そんな前のことは僕らも忘れるから、
この土曜日に仕事においで。」

そんな簡単なやりとりで、ラッキーにも彼は仕事を得るチャンスを得た。

それなのに、

彼は当日、10分も遅れてやってきた。

「5時15分、っていう約束だったっけ?」

あまりの展開に夫は自分のほうを疑って彼にたずねた。

「いいえ、5時です。すみません、遅れました。」

「そうか。
次に仕事をもらったら、初日くらい絶対遅刻するんじゃないよ、
もう帰っていいよ。」


これまでの経験で、
私たちは「人は変わる(成長する)」ということを学んだ。
でも、それにはとても時間がかかることもあるし、
変わらないからといって、誰も、誰かを責めたりできない。

いつだってコントロールできるのは、
それに対して自分自身がどう反応して、どう行動するかだけだ。

それでも、いつでも新しい可能性を
試してみる、
今日は昨日の続きではないよ、
と物事を、人を、
生まれたての視点で見ていくことを
経験値と同時に持ち合わせて仕事をしていけるのは、
とてもわくわくすることだと思う。
[PR]
by S_Nalco | 2012-09-17 05:32 | 成長
<< 自分の居場所 山火事 >>