思いを現実化する

友人が引っ越したばかりの家で
ホームパーティをするというので行ってみた。

舗装されていない山道をドライブすることおよそ20分、
何もない殺風景な細い一本道を外れて降りると大きくて立派な家が現れた。

眺めのいいオープンキッチンと、ダイニング、リビングが続き、
階下には、プールとホット・タブがブドウ畑を横に設備され、
ベランダからは山々と、彼女が作る野菜畑が見渡せる。

一人暮らしの彼女が
どうして4ベッドルーム
(彼女の部屋のクローゼットにはきっともう一つベッドが置けるくらいに広い)
もある大きな豪邸に
女王のように住んでいるかというと、
実はそこは彼女の兼仕事場。

身体のデトックスを目的にした4日間のリトリートをするための“仕事場”。

「前に彼女が住んでいたのは、
ほんとうに小さな家だったのよ、
まるでNalcoたちのようにね」

パーティには共通の女友達が多くいて、
なんだか懐かしい気持ちになる。

そして、私がレストランをする前は、
丘の上の小さな、小さな家に
家族5人で住んでいたことを知っている別の友人が言う。

そんな小さな家で、彼女はすでにリトリートを始めていたのだった。

「小さな家だからスペースが足らないとか、
言い出せば、やらない理由なんていくらでも出てくるけど、
何だかんだ言わずに、
とにかくその時にできることをやってみる、
そうでしょ?、
そうすれば物事は展開していくのよ、こんなふうに!」

そう言って、
誰もが認めるドリーム・ハウスの女主人が
家の中をツアーしてくれる。

彼女のリトリートは一度に4人が定員と決まっている。
4日間、ロウ・フードなどの食事療法を中心にして、
マッサージ、体操、腸の洗浄なども指導して、
体内の毒素を出していく。

そのリトリートのためには、
この家は機能的、広さ、景色のよさまで理想的だった。
オーガニックの野菜を堪能しながら、
心身ともにリラックスできる環境・・・、

とにかくやってみる、
行動してみる。
宇宙はいつも
あなたに「YES!」と言って応援したがっているのだから。

そんな言葉を思い出した。

「ねえ、こんな家がいつかあなたのもとに、来るのを知ってたんでしょ?
どうやって引き寄せたのよ?」

ベランダから階下に降りていく友人の背中に向かって問いかけてみた。

「もちろん絵に描いてイメージしていたわよ、
他の家に決まりそうになったこともあったの。
でも、そのときに自分のイメージを絵にしたスケッチ・ブックを開いたら、
色々妥協していたとこがあることがわかって、
その話は断ったの。

その後、すぐにこの家に出会ったのよ。
パーフェクトだったわ。
この家の持ち主だった人はすぐそばにある葡萄畑を保有しているから、
その世話や、その他のことを私がすることで、
ずい分月々の支払いがお得なの。
だからこんな家に住んでいられるのよ!」

私は彼女の話を聞いてとても感心してしまった。

私はこれまでにどれだけの妥協をしてきただろう、
と彼女の話を聞いて思った。

私も、自分の思い描くものを
書くことによってイメージしながら
プランするけれど、
提示されたものに対して
なんとなくイメージにあっていれば文句を言わずに、
というかあまり深く考えずに受け取ってきたから、
100%イメージどおり、
といかなくても、自分で理由をつけて妥協していた感がある。

いや、そもそも、彼女のように細部まで
そんなふうにイメージしていたことがあっただろうか?

それほど彼女の新しい家は、
彼女のビジョンにしっかり対応して、
その家で、
彼女はますます輝いて、
やりたいことをめいっぱいやっていけると思った。
それは、
彼女の自分の大好きな仕事に対する情熱の現れと、
一歩先を行く行動力・・・。

おめでとう!

d0167973_15154120.jpg

彼女家のベランダからのぞいていた、可愛い兄弟たち。
[PR]
by S_Nalco | 2012-10-31 15:38 | コミュニティ
<< ベイビー・シャワー 日本町にて >>