ベイビー・シャワー

アメリカのホーム・パーティには
「ベイビー・シャワー」というのがある。
生まれてくる赤ちゃんのために
プレゼントを持ち寄って集まるパーティで、
私はこのパーティが一番好きだと思う。

たいてい妊婦さんの友人が呼びかけて、
基本的には女性だけの男性立ち入り禁止のパーティ。

生まれてくる「赤ちゃん」を期待しながら、
妊婦さんを囲んでの食事、
「ベイビー・シャワー」お決まりのゲームや
ハンド・ワーク、
プレゼントのお披露目と続き、
切り分けたケーキを頂いておひらきとなるのが定番で、
女性だけ、という集まりが創るエネルギーも手伝ってか、
それは、それは和やかで
温かなパーティになる。

私も長女が生まれる前には友人がしてくれたし、
自分も友達のを何度か催したこともある。
ここ数年では年齢的にか、そんな機会も来なかったけれど、
今年は 私の若い友人や、
年上の友人の娘の出産を控えて
4つもベイビー・シャワーに参加できて
とても嬉しい。

私は長女を生むときに
アメリカで保険もないし、お金もないし、
で 分割払いにしてくれるお産婆さんを友人に紹介してもらって
自宅出産をしたけれど、
それがきっかけで、
自分の暮らしや考え方を大きく見直すことになった。

その後、次の子を妊娠して、
最終的には夫と二人で出産をすることを選んだときにも、
自分で「大丈夫」、と思えるまでのプロセスは、
今でも私の一部になっている。

友人にも、自宅出産や自然分娩を望む人がいて、
妊娠中から体調だけでなく、食事にも有機野菜だけを選ぶなど、
ずい分気を使っても、
最後の最後で
それが叶わずに、大きな病院に運ばれて
帝王切開になったりすることもある。

でも、思いがけない展開になったとしても、
最後に元気な赤ちゃんが生まれてくれば
それで全ては帳消しになるし、
妊娠期間の間に自分が考えたこと、やったことだけは
きちんと自分の中に財産として残っていくものだと
まわりを見ていてもそう思う。


さて、来月の初めには、たぶん今年最後のベイビー・シャワー。
今から何をプレゼントに選ぼうかと、
ショッピングに行くのを楽しみにしている。
d0167973_1401576.jpg

赤ちゃんの肌着にパーティの参加者がそれぞれに
好きな布を選んで、好みの形に切り抜いてデザインしたもの。
楽しかった~。
これまでで一番嫌だったのは、
ベビーフード(市販のビン詰め)の中身を当てるゲーム。
ほんとに不味くて、
悲しくなるほど(笑)!
[PR]
by S_Nalco | 2012-11-10 14:08 | 日記
<< お客様のために 思いを現実化する >>