それって本当!


誰かのことを大きな気持ちで見守っている自分に気づいたとき、
私は幸福を感じているんだ、とある日わかった。

そういう気持ちは
夫や、子供、家族、友人、コミュニティ、と
だんだんに年を重ねるごとに広げていけるものだけど、
店でもスタッフが増え、
さまざまなお客様との対応を通して、
広がりも、厚みも増していく、
そんな過程を発見した。

そんな時というのは、
いつもの自分以上に、
自分のキャパシティが一気に広がっている瞬間。

その時の感じは、
相手と融合したような、
温かなふわっとした感じ。

自分との違いを見つけたとき、
相手が自分の予想を超えたことをしたとき、
それがどんなことであっても、
「なんで!?」
と眉を吊り上げるのではなくて、
「OK」
と眉を下げるかんじ。

しかも、とても自然に。

いいとか、悪いとかの判断のない世界で。

そんな日々の中の小さな瞬間が、
実は自分をとても幸福にしてくれていることに思いあたって、
そんな調和の瞬間にもっと気づいていこうと、思った翌日・・・



すごいお客さまがやってきた・・・。

ウエイトレスは奥で泣いていたし、

私は彼女が払うべき200ドル近いチケットを無効にした。

なんだかいきなり洗濯機の中に投げ込まれたような、
カオスの只中に起こったことで、
ちょっといつものお店の流れと全然違っていた。
こんなことは初めてだった。



例えば、今日からダイエットをしよう、と思ったときに、
久しぶりに会う友人から食事の誘いを受けたり、
お酒をやめよう、と決めたとたんに、
珍しいワインがプレゼントされたり
というような体験がないだろうか?
d0167973_6114714.jpg

そういうとき、
「あ、これは今、お酒をやめなくていい、っていう意味?」
「ダイエットは明日からでいいって、いうメッセージ?」
と都合のいい解釈をしてしまいそうだけど、

実はそれは宇宙からの、
「それって、本当?」
というその人の持った、「意志」への確認のメッセージらしい。
(今も、画面に出した写真を削除しようとしたら、
「本当に削除しますか?」という確認が入った、そんな感じ。 笑)

だからここで、
「でも、この人は例外」
「このケースはちょっと違う」
なんて言おうものなら、
私はこれからもそんな、例外の多いところで暮らすことになるのかもしれない。

すごいお客さまの現れた、その夜、
私はちょっとへとへとになっていたけれど、
「それって、本当、本当よ」
と、宇宙にメッセージを送りながら眠った。

違いを受け入れることで生まれる調和のかがやき、
それを観光するために、
アメリカまで来たんだなあ、と思いながら。
d0167973_6172134.jpg

[PR]
by S_Nalco | 2013-01-27 06:37 | スピリチュアル&マテリアル
<< 幸せなお札 We are lucky! >>