<   2010年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

かりふぉるにあん・すし

今でこそスシは大人気で、日本人だけでなく、
韓国人や中国人のスシレストランオーナーが増えている。
大きな町に行けば各ブロックごとにスシ屋が見つかる。
私の住む小さな町でさえ、
うちの他に4軒のレストランがスシを出しているし、
大手スーパーマーケットには、
サンドイッチのデリの横でおスシを巻いている人がいる。

けれど、40年近く前にスシ屋をアメリカでオープンした、
というパイオニアの女将さんから話を聞く機会があったけれど、それは私のトラウマストーリーに果敢に立ち向かうものだった。
「はじめはかっぱ巻きから食べてもらったのよ、
生魚は気持ち悪がられてたから、まず鉄火巻きをただで配ってね。
生魚と、当時はまだ珍しかった醤油の味を知ってもらったの・・・、そんな頃のことよ」。
 
うちの店は
カリフォルニア・クージン・ジャパニーズレストラン。
カリフォルニア風にアレンジを加えた日本食、
ようするに、「なんちゃって」日本食なのです。
味噌汁は昆布だけでダシを取ってるし、うどんだしもそう。
ステーキやチキンにポテトのついたディナープレート、
揚げ豆腐にはコリアンバーベキュウソースがかかっている。
そして、ベジタリアンの巻きスシのバラエティ。
 
日本ではベジタリアンのおスシなんてスシじゃない、
なんて叱られそうだ。
アボカド、マンゴー、クリームチーズ、ガーリック。
マンゴーソースやバジルソースなど 
アメリカ人の大好きなソースで 味と色合いにアクセントを出す。

スパイシー・ツナにクリームチーズ、うなぎ、の組み合わせのように、
中身だけ聞くと、なんだか子供がクリエイトした手巻きスシのようだけど、
「やってみたら美味しい」
発見が実はいっぱいあって、おもしろい。
店のスタッフはとくにおスシに対してこだわりがない分、発想が自由。

d0167973_1735060.jpg


 それでもだんだんと鰹節のうどん出しをチョイスに加えてみたり、
お客様の反応を見ながら、日本の味を小出しにしている。
それは日本の本当の味を 求めて来て下さる人がいるから。
そういう人には、はまちのカマのグリル、ウニ、をお勧めする。
シメサバは随分色んな人に楽しんで貰えるようになった。

 「日本食、大好き!」
というアメリカ人は多いけれど、
私にとっての日本食は ひじきや切干大根の煮つけ、
五目煮、瀬戸内海で取れるような魚の炊いたもの、小いわしの刺身・・・。
でもアメリカ人はスシ、スキヤキ、天ぷら、といった
いわゆるハレの日の食事が日本食であるようです。

先日も妊娠したばかりの常連のお客さんが 
「週にどのくらいマグロの刺身を食べても大丈夫かしら、日本ではどう?」
と聞いてきた。
日本人ってそんなに頻繁に マグロのお刺身を食べたっけ?
[PR]
by S_Nalco | 2010-07-03 17:20 | メニューの周辺