<   2011年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

生姜の甘酢漬け

ニューヨークのあたりでは、
子供達の肥満防止として、
学校に設置されている自動販売機のコカコーラを、
フルーツジュースなどに代えていく方針だと、
数年前のニュースで読んだことがある。

私の住む地元の、公立中学、高校では、
いまだコーラや、ペプシが自動販売機に、
カフェテリアではハンバーガーなどの 
どうみても育ちざかりの子供にはいまひとつ、
と思うようなメニューが目立つ。
d0167973_15204571.jpg

(地元高校の体育館ロビーにある、ソーダとお菓子の自販機)

アメリカ人口の30パーセント以上が肥満、
というデータがあるにも関わらず、
子供の通う学校からしてこんなでは、
肥満人口は益々上がるばかり、
という気がしないでもないが、
それでもうちの店に来てくれるお客さんは 
ときどき私たちのほうを教育してくれるほどに、

「自分の口に入るものがどういうものか、
それを食べることで身体に与える影響はどんなものが」

という意識を徹底的に持っている人も沢山いる。

魚、肉、野菜がそれぞれどこから来ているのか、
ローカルのものを使用しているか、
有機か、魚は養殖か、ワイルドか・・・

何も聞いてはこないお客さんだって、
町の自然食品店におスシやどんぶりものを卸している、
うちの店なら大丈夫、と信頼して来て下さっている 
健康志向の常連さんが多い。

だから、おスシについてくる、
生姜の甘酢漬け(ガリ)にアスパルテームという
人口甘味料が使われていることを 
数人のお客さんから指摘されたときにも色々調べてみた。

この人工甘味料はアメリカ、日本、ヨーロッパで
30年近く前には認可され、
日本ではソーダやスポーツドリンクにも使われているにもかかわらず、
今だ安全性については不安を持つ人も多く、
実際に不安要素が存在することも否めないらしいことがわかった。
要するにMSGの存在に近いものがあると思った。

けれど、砂糖の代わりにこの人工甘味料を使うことで
劇的に長持ちすること、コストを低く抑えられることから、
アメリカではアスパルテームを使ってない生姜の甘酢漬けは
業務用には
流通されていないことがわかった。

それでメニューにはそのことを明記した。


もちろん、ハウスメイドを考えたこともあったけれど、
甘酢漬けは新生姜で作るもの、という思い込みがあったので、
それが手に入らず作れずにいた。

それがある日、ふと思い立って、とにかく普通の生姜で作ってみた。
米酢、砂糖、塩だけの調味料で、
とびきりシンプル、
無骨な歯触りの酢漬ができた。

けれどこれに、まず店で働くスタッフがとても喜んでくれた。
そしてウエイトレスがオーダーを取るたびに、
お客さんにこのハウス・メイド生姜を
「自慢」
してくれたお陰で、
アスパルテーム入りのに比べると、
なんだか田舎のおっちゃんがどてらを着て出てきたような感じのする、
生姜の甘酢漬けは
うちの店で無事にデビューを果たし、
沢山のお客さんに喜んでもらっている。
d0167973_15232355.jpg


もちろんこれまで通りの 
すっぱさよりも、甘みが引き立つさらりとした 
無料でついてくる生姜でいい、と言う人が今はまだ大半。

けれど、生姜という素材も、甘酢漬けも、
身体にいいからと、ガリを子供に勧めていたお母さんや、
妊婦さんには特に、
「ハウス・メイドもありますよ」、
と選択肢をあげられることで、
ひとつ、抱えていた矛盾が消えたと思った。

子供たちは大きくなれば、
親がそれまでどんなに頑張って 
「食」に気をつけてはいても、
ちまたに溢れるジャンクフードを食べる機会にさらされる。
だから、特に、6歳までの子供には、
できるだけシンプルで、本当の味、健康的なものを与えたい。
[PR]
by S_Nalco | 2011-05-23 15:42 | メニューの周辺

Everything is connected 3

Everything is connected
Everything is connected 2


花からメッセージをもらいながら、
花の写真を撮ることをライフワークとしている女友達がいる。

d0167973_1713385.jpg

彼女、ケイトの本業はカウンセラーで、
うちの店の隣のビルにオフィスがあるにも関わらず、
私たち二人、
いつも道端で
「元気~!?」
とハグだけしては、通り過ぎていくしかない。

何せ、お互い仕事でいつだって忙しい。

それが、ある日彼女が店の中までやって来て私に言う。

「こんな忙しいだけの毎日はいやよ、
ちょっと一緒にほっとすることやらない?」

こんなお誘いは、ゼッタイに後回しにはできない。
それに私と同じで 
見えない世界が大好きな彼女が何をしたいかも検討がつく。


もう一人、友達を呼んで、3人でケイトのオフィスに集まる。

それぞれが持ってきた、キャンドルや、水晶や、お花を囲む。

バイブレーションのぴったりくる友達と、
一緒にいるだけで心が和らいでくる。

.......。


「何したい?」

「日本のためにお祈りしようよ」


ケイトがリードして、ビジョンを分かち合ってくれる。


「山が見えるわよ、日本の象徴?」


「何にフォーカスしようかしら?」


「水、水の浄化ね!」


心配なことはニュースを見ていればいくらでも出てくる。

けれど、こうして友達といっしょに心を合せることで、
不安を光に代えて、
自分をも浄化してくれる気がする。

Everything is connected


だから、しっかりハートで 家族や、友人と繋がっていたいと思う。
[PR]
by S_Nalco | 2011-05-17 17:20 | コミュニティ

1年のあとに。

末の娘は、1年間の日本での中学生生活をこの3月で終えて、
4月からはこちらで残り2カ月、
再び中学1年生をやっている。

彼女の日本語の語彙が増えて、会話が弾む。
YOUTUBEからお気に入りの日本の曲を出しては私に聞かせ、
「このメンバーは紅白にも出たんだよ」
とその認知度をアピールする。

どんなに日本語を学んでも
「紅白」がどんな番組なのか知らないと、こんな発言はできない。

長女や長男とはできない会話が彼女と私、夫の間で咲いている。

こちらに戻って来て 学校に行き始めた頃は、
まさしく借りて来た猫のようだった。
びっくりするくらい大人しくて、
新しい学校に挨拶に行ったときにも
教頭先生の質問に答えるのも大変そうだった。

「どうやってアメリカ人と接していいかわかんない」

そう言っていた。


アメリカで生まれ、

12年間を過ごし、

たった1年間、日本に行って来ただけなのに?


「日本に行ったときね、
アメリカの全部を捨てなきゃ、
日本の学校に溶け込むことなんてできない、
って思ったんだよ。
それで全部捨てて来た。」

日本でできた仲良しの友達には、
普段はメールでやり取りし、週末には電話をしている。

部屋から聞こえてくる、
友達と話す彼女の日本語のひとつひとつが
光って、
跳ねて、
そこらじゅうに色を作っているような感じがする。

6月初めから始まる長い夏休みの間にある、
友達からのサマーキャンプの誘いも断って、

「この夏は、ひたすらのんびりするよ~」

と去年の夏休みのぶんまで取り返すつもりでいるらしい。
d0167973_3192313.jpg

[PR]
by S_Nalco | 2011-05-15 03:29 | 日記

Everything is connected 2

「よし!」と気合を入れたその日の午後に、
日本の被災地にある高校に
支援金を送りたいのでスポンサーになって欲しい、
と地元の高校から電話があったのは前回に書いた。

次にあったのは、
地元の和太鼓のグループが、
被災地に義援金を送るために公園で催したイベント。
d0167973_15202181.jpg

実はこのイベントでは、
日本人である私に
始まりの挨拶をして欲しいと連絡があったけれど、
それは丁重にお断りさせて頂いた。

そのかわり、私もそこでテーブルを出して、
ドネーションの為のT-シャツと、
トートバッグ、リストバンドを売ることにした。

数少ない地元の 他の日本人にも声をかけると、
彼女たちも、快く応じてくれて、
それぞれに自分の作るアート作品などを売って、
全額支援金に回してくれた。

d0167973_15225684.jpg

さて、このT-シャツは、
サンフランシスコから遊びに来ていた友人が着ていたのを見て、
すぐに連絡して取り寄せた。

日本人女性のグループがオーガナイズしていて、
T-シャツや、バッグなどの売上は、
支援金としてサンフランシスコ領事館を通して被災地に送られるそう。


だから、私は今回の和太鼓グループが
支援金を直接送ろうとしている町(大槌市)にも、
何かできることはないかと思い、
墨で、和紙にそれぞれのお好みの文字を書くことにした。

小さい子供たちからは、
自分の名前を書いて欲しい、というリクエストが多かったけれど、
若い男性は、
「栄光」とか、「平和」という文字を書いて、
それを入れ墨するときに、持って行こう、なんて言う人もいた。
d0167973_15263519.jpg

ドネーション金額は決めていなかったけれど、
こんな和紙一枚に何ドルも入れてくれて、
しかも、何も言わずに通りすがりに
10ドル、20ドル札を 
ドネーションBOXに入れてくれる人もいて、
胸がいっぱいになる。

わずか3時間足らずで、
私はT-シャツ21枚とトートバッグ全部を売って、
リストバンドは実は届いた時点で、
うちの店のスタッフが全部を買ってしまっていた。

和太鼓のパフォーマンスは、アメリカ人ばかりのグループ。
数年前に結成されたばかりなのに、
チームワークも威勢もよくって、大好きだった。
他にもアフリカン太鼓など、いくつかの太鼓グループが 
日本のために集まって、演奏してくれた。
d0167973_1535444.jpg

イベントが終わったあとで、
太鼓のグループに集まったお金を持って行った。

するとそこにいた人が、
「今日はこのお方の新しいお家を見つけてあげようと思って、
連れてきたの。あなた、連れて帰ってあげてくれる?」
と言って、私に差し出してくれたのが・・・
d0167973_15461817.jpg


気持ちがふわりと溶けました。
[PR]
by S_Nalco | 2011-05-09 16:13 | コミュニティ

Everyhing is connected

d0167973_1544826.jpg

(by,Syracuse Cultural Workers)

地震があってから世界中の人たちが、
「何か自分にも出来ることがあるはず」と、
湧きあがる気持ちを形にして、
被災地への支援をしようと動いているのを見聞きするにつけ、
この地球上で一緒に生きている私たちは、
選択しようとしまいと、
すでに繋がりあっているひとつの存在なんだと、あらためて思う。


今ある、それぞれの立場を生かして支援することで、
それは「支援」以上のものになり、
やっている側も、
その行為を通して何かを受け取っていた。
エネルギーはいつも循環する。
私はどんなふうに関わっていけるだろうと考えていた。

それがある日、自分で「よし!」と
気合を入れた日の午後に、
地元の高校の「リーダーシップ・クラブ」の生徒から、
日本の支援のためにスポンサーになって欲しい、と電話があった。

内容も聞かずに、「もちろん!」と即答した。

実は地元の高校は、
仙台市にある高校と姉妹高校になっていて、
お互いに交換留学生を受け入れている間柄。
そこに支援金を送りたいと
生徒たちのあいだでプロジェクトが持ち上がったらしい。

それで一日だけ、
テイクアウトの店のほうで、
高校生が おスシやどんぶりものなどを買った金額は
すべて寄付金になるというイベントをした。
家族や友人も、高校生同伴ならカウントされる。

結果、前日から翌日のランチのためのオーダーが入って、
当日のランチタイムも車で乗り合わせて来た高校生で店内はいっぱい、
結果、104個分、6万円近い寄付金を作ることができた。

こんなふうに、
フードを用意した店のスタッフ、
高校生、先生、父兄、
皆んなの手と、気持ちを通して
集まったお金を送ることができたことが、
私にとっては大きな満足感となった。

ここでも「繋がり」を形にすることができた、
ということに。

当日の店の売上は、
寄付金を除けば普段よりずっと少ないだろうと見積もっていたのが、
実際にはやや多いくらいだった。

飲み物を寄付金対象にしていなかったので、
ドリンクの売上がいつもの倍以上あったことや、
様々な要因が終わってみれば考えられたけれど、

結果として出た売り上げの数字をまざまざと見て、
宇宙との繋がりを思った。

Everything is connected.
[PR]
by S_Nalco | 2011-05-03 15:09 | コミュニティ